広島県国保連合会の紹介

事業内容の紹介

保健事業

地域住民の健康の保持・増進と医療費適正化への取り組みを応援しています。

地域住民の健康の保持・増進を図ることを目的に,保険者が実施する健康づくりを重視した保健事業や医療費適正化に向けた取り組みを支援しています。

生活習慣病予防対策の充実

生活習慣病の発症や重症化を予防するため,糖尿病性腎症患者の人工透析への移行を防止する事業やAI(人工知能)活用による効果的な特定健診の受診勧奨事業に取り組むなど,健康寿命の延伸や医療費の適正化を図ります。

  • 糖尿病性腎症重症化予防事業の実施
  • 特定健診の受診率向上に向けた広報の実施
  • AI(人工知能)活用による受診勧奨事業の実施
レセプト・健診情報等を活用した分析事業の推進

レセプト・健診情報等を基に,国保データベース(KDB)システムにより統計情報の作成やデータ分析を行い,効果的な保健事業の実施を支援します。

また,小学校区や中学校区など,各市町が地域の特性を踏まえて設定した日常生活圏域ごとに医療費等の分析を行い,地域包括ケアシステムの推進を支援します。

  • 国保データベース(KDB)システムの活用・促進
  • 日常生活圏域データ分析事業の推進
国保保険料(税)収納対策支援事業の推進

保険料(税)は,国保の主要な財源の一つであり,収納率を向上させることは,国保財政の安定化と住民の負担の公平性を確保する上で重要なことから,保険者の徴収担当職員を対象に,徴収技術の向上を図る研修会の開催や被保険者に対する納付勧奨の広報等を行っています。

  • 国保保険料(税)収納対策に係る研修会
  • 国保保険料(税)収納率向上のための広報の実施
広島県保険者協議会との連携

県内の医療保険者等が加入する広島県保険者協議会において,保険種別に関係なく同じ意識を持って,共同で県民の健康増進と医療費の適正化の取り組みの推進を図っています。

広島県国保診療施設協議会との連携

県内の国保病院・診療所等が加入する広島県国保診療施設協議会において,医師・看護師等のマンパワー確保対策や地域包括ケアシステムの推進など,地域住民の健康の保持・増進及び地域医療を確保するための取り組みを支援します。

国保診療施設とは?

上記のことに関してのお問い合わせはこちら

ページの上部へ