広島県国保連合会の紹介

事業内容の紹介

保険者事務の共同処理事業

処理事業を行っています。保険者事務の効率化・標準化・
広域化を図ります。

国保の財政運営の安定化を目指し,保険者事務のより一層の効率化・標準化・広域化を図るため,次の共同処理事業を行い,健全な事業運営を支援しています。

国民健康保険事務共同処理事業

保険者事務の効率化を図るため,保険者共通の事務を一元的に処理しています。

  • 被保険者証等作成業務
  • 医療費通知書作成業務
  • 後発医薬品差額通知書作成業務
  • 資格管理業務
  • 高額療養費関係業務 など

※その他にも,多数の業務等を行っています。

第三者行為損害賠償求償事務共同処理事業

交通事故をはじめ,犬咬傷,食中毒,ケンカなど,第三者(加害者)の行為によって受けたケガ等については,国保などの医療保険を使って治療を受けることができます。

本会では市町などの保険者から受託し,本来医療費を支払うべき第三者または第三者が加入する保険会社等に対し,過失割合に応じた損害賠償請求を行っています。

  • 交通事故等に係る損害賠償金の請求・収納事務
  • 傷病届の提出に関する広報 など

上記のことに関してのお問い合わせはこちら

ページの上部へ