広島県国保連合会の紹介

国保連合会の概要

理事長あいさつ

広島県国民健康保険団体連合会 理事長 入山 欣郎

広島県国民健康保険団体連合会
理事長 入山 欣郎

我が国の医療保険制度は,国民皆保険制度のもと,誰もが安心して医療を受けることができる医療体制を実現し,世界最高レベルの平均寿命と保健医療水準を達成して参りましたが,少子化・長寿化の進展や医療の高度化に伴う医療費の増加等により,医療保険財政とその運営は年々厳しさを増しております。

こうした中,国においては,健康寿命の更なる延伸を図るため,予防・健康づくりの推進に取り組むとともに,効果的・効率的な医療・介護サービスの提供に向け,健康・医療・介護分野のデータの有機的連結やICT等の技術革新の利活用を推進するなど,データヘルス改革が進められております。

また,データヘルス改革の基盤の整備として位置づけられた審査支払機関改革については,令和3年3月に公表された「審査支払機能に関する改革工程表(以下「改革工程表」という。)」に基づき,国保連合会・国保中央会と支払基金との間で,審査基準の統一やシステムの共同開発・共同利用に向けた取組が進められております。

このような状況の中で,本会といたしましては,本会が保有する「健診・保健指導」「医療」「介護」等のデータと人材を活用した保険者等支援の強化に取り組み,保険者におけるデータヘルスを推進するとともに,本会の基幹業務である審査支払業務については,ICTを活用した業務効率化や審査の充実・強化を図り,医療費の適正化を推進して参ります。

また,審査支払機関改革への対応については,改革工程表に基づき,国保中央会や全国の連合会と連携し,コンピュータチェックや審査基準の統一を進めるとともに,令和6年の次期国保総合システムの更改に向けて取り組んで参ります。

今後とも,情勢の変化に的確に対応するとともに,令和2年2月に策定した中期経営計画(第2次)に基づき各種事業の効率的・計画的な実施を図り,保険者の共同体として,良質な保険者サービスの提供に努めて参りますので,皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和4年6月

ページの上部へ