事業者・施設のみなさまへ

介護保険サービス事業所のみなさまへ

請求省令のご案内(紙請求に関する免除届について)

介護給付費等の書面(紙帳票)による請求を行う場合の届出について

平成26年8月の請求省令改正により,平成30年4月以降の介護給付費等の請求方法は,原則としてインターネット請求による伝送かCD-R等の電子媒体による請求のいずれかとなります。

現在,書面(帳票)による介護給付費等の請求を希望されている事業所で,例外規定に該当し,平成30年4月以降も書面(帳票)による請求をされる場合には,該当する免除届出書を平成30年3月末までに審査支払機関である本会宛てに提出することで,例外的に書面(帳票)による介護給付費等の請求が認められます。該当する事業所は,免除届出書を本会に提出していただくこととなります。

【例外が適用される場合及び事情(一部抜粋)】

第2条(別添1-2)

  • 支給限度額管理が不要なサービス(居宅療養管理指導等)一種類のみを行う場合等,一定の類型に該当する事業所等

第3条(別添1-3)

  • 常勤の介護職員その他の従業者の年齢が,平成30年3月31日において,いずれも65歳以上である事業所等

第4条(別添1-4)

  • 電気通信回線設備の機能に障害が生じた場合
  • 改築工事中又は臨時の施設において事業を行っている場合
  • 事業所等の廃止又は休止に関する計画を定めている場合 他

ページの上部へ