広島県国保連合会の紹介

事業内容の紹介

保険者事務の共同処理事業

処理事業を行っています。保険者事務の
合理化と効率化を図ります。

保険者が運営する国保の財政健全化や,保険者事務のより一層の合理化と効率化を図るため,次の共同処理事業を行い,健全な事業運営を支援しています。

国民健康保険事務共同処理事業
  • 資格管理業務
  • 資格確認・給付点検業務
  • 給付記録管理業務
    • 給付記録管理
    • 医療費通知書の作成
    • 後発医薬品差額通知書データ作成
  • 高額療養費関係業務

※その他にも,多数の業務等を行っています。

第三者行為損害賠償求償事務共同処理事業

交通事故の被害にあった被保険者の医療費は,国保などの医療保険を使って支払うことができます。

本会では市町などの保険者から受託し,本来医療費を支払うべき第三者(保険会社等)に対し,過失割合に応じた損害賠償請求を行っています。

  • 交通事故に係る損害賠償金の徴収・収納事務
  • 求償事務研修会の開催
保険財政共同安定化事業・高額医療費共同事業

国民健康保険の財政の安定化を図るため、一般被保険者が同一月に同一の病院等で受けたすべての医療費を対象に、市町から医療費等の実績に応じた拠出金を徴収し、給付費の一定部分を市町に交付金として交付しています。

  • 保険財政共同安定化事業
    対象医療費:レセプト1件あたり80万円以下のもの
  • 高額医療費共同事業
    対象医療費:レセプト1件あたり80万円を超えるもの

上記のことに関してのお問い合わせはこちら

ページの上部へ