広島県国保連合会の紹介

仕事と子育ての両立支援

子育て支援のための行動計画

広島県国民健康保険団体連合会行動計画

職員が働きやすい環境を整備し,仕事と生活の調和を図るため,次のとおり行動計画を策定する。

1.計画期間 平成30年4月1日~平成33年3月31日の3年間

2.内容

目標1:仕事と子育てや生活の調和を図るため,育児休業をはじめとした,各休業・休暇制度の周知を図るとともに,取得しやすく,職場復帰しやすい環境の整備を行う。 ① 育児休業の周知及び取得率を次のとおりとする。 男性職員・・・育児休業制度の周知徹底と取得の促進 女性職員・・・育児休業取得率100%を維持 ② 配偶者出産休暇,育児参加休暇の取得率を100%とする。 ③ 部分休業,子育て支援部分休暇及び育児短時間勤務制度や家族の看護等に係る休暇制度の周知徹底

<対策>

● 平成30年4月
毎年度,管理職を対象とした各種制度の説明の実施
● 平成30年4月~
各種制度に関するパンフレットを作成し配布する
● 随時
取得対象者に対する説明の実施
目標2:年次有給休暇の取得日数を1人当たり年間12日以上とする。

<対策>

● 平成30年4月~ 各課(室)において月間計画表を策定
課長会議において取得状況を報告し,状況の確認と課題等の要因を分析

目標3:所定外労働削減のため,計画期間内において1人当たりの年間時間外勤務を10%以上削減する。

<対策>

● 平成30年4月
時間外勤務の把握及び各課(室)から年間削減計画の提出
● 平成30年5月~
年間削減計画に対する状況の確認及び問題への対応

ページの上部へ