被保険者のみなさまへ

国保で受けられる給付について

療養の給付

医療機関の窓口で保険証を提示することにより,医療費の一部負担金を支払うだけで,治療が受けられます。残りの費用は,国保が支払います。

市町国保被保険者の自己負担割合
年齢 自己負担
義務教育就学前 2割
義務教育就学後~70歳未満 3割
70歳以上75歳未満 現役並み所得者以外で、昭和19年4月1日以前生まれの方 1割(注1)
現役並み所得者以外で、昭和19年4月2日以降生まれの方 2割
現役並み所得者の方 3割
注1:本来、一部負担金の割合は2割ですが、特例措置により1割を国が負担するので、原則、窓口負担は1割となります。
注2:70歳以上75歳未満の方で、保険証以外に高齢受給者証をお持ちの方は、高齢受給者証も保険証と一緒に医療機関の窓口に提出してください。
注3:75歳以上の方は、後期高齢者医療制度で医療を受けます。詳しくは広島県後期高齢者医療広域連合にお問い合わせください。
国保組合の自己負担割合

(※70歳以上及び義務教育就学前までの方は,上記の市町国保被保険者の自己負担割合になります。)

国保組合 自己負担
世帯主 その他
広島県歯科医師国保組合 3割 従業員 3割/家族 3割
広島県医師国保組合 3割 従業員 3割/家族 3割
広島県薬剤師国保組合 3割 従業員 3割/家族 3割
広島県建設国保組合 3割 3割

注:結・精の表示のあるものは,結核34条,精神32条の任意給付あり。

ページの上部へ